« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月の11件の記事

2006.10.29

とほほ。

仕事が失敗続き。

スケジュールが遅れるわ。作業ミスはたくさんするわ。

まじへこむ。家に、引きこもりたいよ。仕事なんかしたくないよ。

とも言ってられないわけなので、働く。

土を触る

友人が芋を掘りに行こうというので、出かけた。

富田林サバーファーム。

約束したが直前にだんだん仕事が忙しくなってた。

なんで、正直、楽しみだけどつかれちゃうなー。って思ってた。

でも、いざ行ったら。

こりゃいいやー。体を動かすってのはいいね。こうストレスがぱーーーっ。って抜けた。

ここは、ドライブイン?って程度の、施設のやる気のなさがまたいい。

ちなみに三十前後の女3+男1で行きました。別に内部にカップルもありません。

施設は、ほとんど子連ればっかりやったよ。

友人が「同年代いないねぇ。」って言ったら、

他の友人が「いや。同年代なんだよ。構成が違うだけで。」って答えてた。

ほんまや!!

さんまんえーん

去年、母親を扶養家族に入れてたんやけど、

税務署より、母親の所得が上限超えてんじゃね?

って連絡があった。(あたしのとこに連絡をしてくれたのは事務の人)

調べたら本当に超えてた。なので、金返せって言われた。

控除分の戻りなのでたいしたことないかと思ってた。

それに、返すべきお金だよなー。とも思ったし。

したら、11/10くらいまでに三万円返せと言われた。

タタっ!一日単位で伸ばしてもしょうがないのでさっさと払っといたよ。

急なんだよ。

2006.10.14

かにカニ蟹

阪急百貨店 北海道物産大会 に行ってきました。
ちょっと忙しい状況ですが、合間を縫って。

友人と10時に待ち合わせて、蟹弁当を購入して、友人宅で食べました。
ちょっと、気になる原産地などは、無視して。
2,700円の蟹三昧弁当に、別に購入したいくらを乗せて。

おいしかった。
イクラがやっぱ、一番好き。

しかし、みんな北海道が大好きだね。
十時開店なのに、山ほど人がいたよ。

一人上手

もちろんエッチな意味じゃないです。


大体、いろいろ自分だけであれこれすることが平気なたちなんですが...

ラーメン屋、牛丼屋とか、普通。

我慢できなくなれば、居酒屋とかも行く。(忙しいときに終電後で、家の近くとかね)

洗車とか、映画とかも全然平気。

焼肉屋は厳しいかナァ。でも多分居酒屋色の強いとこなら行くね。


ちなみに、彼氏がいる時も必要であれば一人でします。



さてさて、幾度となく、「一人で?」って聞く人がいて、トホーって思うよ。


映画の話してて。

「一人で、映画行って面白いの?」(映画見に行ってるんだって)


同窓会みたいなのでカラオケから参加したからおなかすいて、

牛丼食べに行ってくるって言ったら(牛丼はそんなに好きじゃないけどね。)

たらふく食べた人間が「俺ついってたろか?」(この人は親切やと思える)

「いや。大丈夫」って言ったら、「ありえない。」とか。


「洗車なんか一人でいけねー」(都合がつくまで、汚い車乗るのかって話だよ。情けない。)


あたしは、彼氏がいるときでも、見たい映画があわなきゃ一人で行くけどなぁ。

それに、車が汚れればさっさと洗いに行くよ。


ばかばかしい。

一人で行動するのが苦手な人は、理解できるよ。

そうじゃなくて、一人で行動することを非難するな。ほっとけよ。

(しかし、ここであげたような場所は(映画を除けば)女の人は一人出来てないなぁ。)

言葉にできない 動物

カワイカッタ

言葉に出来ない

オモシロイヨ

お気に入りは、「ライオンと象」と「4WD」

2006.10.09

カレーとナン

友人が来るので、カレーを作った。

インドカレーとナン。

こっちは、ナスのキーマカレー。

キーマカレーを別につくり、食べる前にいためたナスと合わせる。

Kima

ナン。

ナンはイースト発酵が必要なので、お昼のうちに作っときました。

Nan

カシューナッツのチキンカレー。

たまねぎとカシューナッツをゆでて、ミキサーにかける。

それと鶏とトマトピューレとスパイスあれこれと合わせて炊く。

ゆで卵と生クリームを入れて仕上げる。

写真は弁当。

Chikin

そして、気付いたのだが...

ナンはうまいと思うが、インドカレーだとしてもご飯との方が好き。

本「深い河」

「深い河」

遠藤周作です。高校生くらいに一回読んで、再読。

「遠藤周作はカソリックやと思い込んでいたのですが、ちょっとちがうのね。」と読み返して思った。

登場人物の思考と作者の思考は必ずしも一致するものではないとは思いますが、カソリックの人がこういうことは書かないでしょう。

amazonの書評で、文章が下手なのでというのがあった。ふーん。下手なのかぁ。

好きなんですが、お勧めはしません。

あ。あたしは、無宗教。

でもヒンズー教では、他の宗教より、無宗教のほうが軽蔑されるんだって。

そんなこと言われても...

本「水曜の朝、午前三時」

水曜の朝、午前三時

を読みました。児玉清絶賛の吊り広告につられて。

「涙が止まらなかった。」というコピー。

...涙が止まらないほどではなかった。

面白く読めたけど、ディティールとして考えても不要な箇所が多かった。

「娘のための4巻のテープに遺した若いころの話」って設定で、話もこのテープは...から始まって、テープの内容。その後の話って感じですすめられるわけ。

そこに、特に必然性が感じられなかった。本編だけで充分。

本編もテープの内容を書いている形式をとっているので、かなり主観的で進められていく。

なので、いちいち心情とかに引っかかってしまう。

つまり、いまいちってことかな??読んで損したってことはない。

大体、児玉清を信用しているわけじゃないのに...

2006.10.02

サラリーマンNEO

「サラリーマンNEO」をSさんに進められて見た。

かなり、つぼで、民法のつまんないお笑いより、よっぽどノンストレスで見れた。

つか、お笑い見てストレス溜まるってどうよ。最近のやつ溜まるんだよ。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵