« 遅刻スンナヨ | トップページ | 本【押入れの千代】 »

2009.07.24

本【河童】

河童・或阿呆の一生 (新潮文庫) Book 河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)

著者:芥川 龍之介
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DSで読んだので、「河童」しか読んでない。

人間世界を揶揄して書かれた童話みたいなお話。

河童の世界に、偶然入り込んでしまった人間の思い出話。

面白かった。漫画のようだといってしまえばそれまで。

河童も家に住んでて、人間と同じように暮らしてる。

いくつか人間と違うところも、いろいろあって、裸で生活している。

河童は、生まれてくるかどうかを自分で判断できるんだって。

「僕は生まれたくありません。」

ママンが先に読んでて、感想を聞いた。

「裸で暮らしてるのに、編み物してた。何を編むのだ。」

はは。

« 遅刻スンナヨ | トップページ | 本【押入れの千代】 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅刻スンナヨ | トップページ | 本【押入れの千代】 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵