« 夕食(11月2日) | トップページ | 寒い日 »

2009.11.02

映画【南極料理人】

映画千円の日なので、南極料理人を見に行った。

かなり、よかった。笑えて、少し哀しくて。

家族に会えないってすごい切ないと思った。

日々の生活が、一つ一つ、ほのぼのと描かれてるだけで、でもこまぎれじゃなくて、毎日が積み重ねられていってる感じがすごくした。

家族に会えないことも、悲劇ではなく、大げさでなく、しみじみと寂しく表現されていた。きっと、私もこんな風に感じるだろうなぁ。っていう控えめな感じ。

音楽もすごいあってた。

でも、何より!

ご飯!

イセエビのエビフライ、でっかい肉の塊のロースト、フルコースっていう豪華なのも、もちろん。

から揚げも、中華料理も、ラーメンも、おにぎりも全部、おいしそう

作っているとこから表現されてて、料理の音が、たまらない。

料理で、日々の生活を表現してるんだだろうなぁ。

堺雅人の食事への取り組み方の変化も面白い。

こまごました(丁寧な)料理から、大皿料理への変化とか。

少し、おなかをすかせていったら案の定、映画を見終わった頃にはおなかすきすきだった。

« 夕食(11月2日) | トップページ | 寒い日 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕食(11月2日) | トップページ | 寒い日 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵