« もったいないわけではないのだ | トップページ | 特上カバチ »

2010.03.25

本【オーデュポンの祈り】

オーデュボンの祈り (新潮文庫) Book オーデュボンの祈り (新潮文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

友人の勧めで。

今まで読んだ伊坂作品の中では、一番面白い。デビュー作だそう。

あらすじ。

「仙台で事件をおこした主人公は目が覚めると100年以上鎖国している島にたどり着いていた。

その島では、気の狂った絵描き、未来の見えるしゃべるかかし、太りすぎて動けない女性と不思議な人がたくさん暮らしている。

ある朝、かかしは、ばらばらにされていた。何故、かかしは未来が見えるにも関わらず殺されていたのか?」

童話のようなミステリーのような不思議な感じが、(多分、狙って書いてるんだろうけど)伊坂幸太郎の現実感のない人物の描き方にあっていると感じた。

ただ、前回のときも感じたが、心底悪い奴が本当に憎いのね。

悪意の塊のような人間が絶対出てくる。果たして城山の存在はこの話に必要なのか。

« もったいないわけではないのだ | トップページ | 特上カバチ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もったいないわけではないのだ | トップページ | 特上カバチ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵