« おつか | トップページ | 本【オーデュポンの祈り】 »

2010.03.25

もったいないわけではないのだ

友人H香からひさびさの着電。

友人Y紀のだんなさんのお父さんが亡くなったそう。

半年ほど前に結婚したところなので、だんなさんのお父さんのお姿は記憶に新しい。

Y紀の結婚式には、H香とH子とM穂ちゃんと参加した。

H子とH香の話で、ちゃんとお香典を送るべきだし、送るなら連名でとの話になったそう。

で、連絡が来たというわけ。

うーーーん。ん?

それは「ちゃんとしてる」範疇ではなく、「厚意」の範囲だろう。

反対する理由もないので、「みんなでするんなら参加するわ」と伝える。

未婚者はあたしだけなので、その是非はわかんないけど、H香自身もどうも「?」って感じだった。

で。結果。する人がすれば?連名はなし。って結末になったらしい。

その連絡が来たので、あたしを除く3人が香典しても、私はやめとくって言っておいた。

もちろん。もったいないわけではないのだ。

(やな言い方ではあるが)礼儀として、香典を出す立場ではないと思う。

その上で、Y紀がありがたいと思うのか、Y紀のだんなさんがありがたいと思うのかの疑問が残る。違和感を感じるのだ。

他の三人がするのであれば、厚意からだろうし、それはそれでよいことだとは思うのだが。

« おつか | トップページ | 本【オーデュポンの祈り】 »

思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おつか | トップページ | 本【オーデュポンの祈り】 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵