« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の14件の記事

2010.04.28

夕飯(麻婆茄子)

夕飯(麻婆茄子)
麻婆茄子です。

大好き

掲示板で質問に質問で返すのはやさしくない行為だと思う

最初のレスであれば、
「何故、掲示板で確認する前に、ログで確認しないんですか?」
「学生であれば、図書館と言うすばらしいものがあるのに何故それを使用しないんですか?」
じゃなくて、
「ログを確認をされていないのであれば、一旦確認してください。
 原因がわかるかもしれませんよ。」
「学生であれば、図書館を使用すると購入するよりいいかもしれませんよ。」
でいいじゃん。

何故、いきなり切れ気味なのか。
いや。切れてないのか?
切れているようにとられかねない表現だと言うことを知らないのか。
ばかなんだな。

2010.04.27

夕飯(蒸しなすの香味ソースがけ)

夕飯(蒸しなすの香味ソースがけ)
蒸しなすの香味ソースがけ
茄子は手で割き、皿へ、豚も。ラップをかけ、レンジへ。
香味ソース
ニンニク、豆板醤を少量のサラダ油と一緒に弱火にかける。
ニンニクに火が通ったら長ネギも足す。
炒め過ぎないうちに引き上げ、ザーサイ、生姜を足す。
醤油、ごま油、米酢を混ぜて、味をまとめる程度に砂糖を。

ゴール。いまいち。
茄子はレンジで作るもんじゃない。
トロトロになんない。ふかふかのままだ。
もう一皿あるので揚げたくなかった。ボリューム出過ぎるから。焼きナスにすべき?
香味ソースのザーサイの感触が残念な結果に。モゴモゴしてる。細切りにして別にすべきだったか。

後一品はゴーヤチャンプル。
失敗。ビール買い忘れた…。

2010.04.26

日曜日のお昼はカレーを

カレー

スジのトマト煮込みが残った。

残った野菜(きのことインゲンとなす)を炒め、スジのトマト煮込みと水を足し、少し煮込んで、カレールーを入れたら、おいしいカレーになった。

家呑み

友人と家呑み

201004241845000_3

スジ肉のトマト煮込み(パスタ)

スジは安い時(半額)に購入し冷凍。

湯でこぼしを2回して、2時間茹でる。

にんにく、鷹の爪、たまねぎとセロリのみじん切りを炒め、トマトソースとスジを加え、また三十分ほど煮込み、塩と砂糖、胡椒で味を調える。(味は薄めに。)

フライパンで、ナスを焼いて、上記の煮込みをソースとして足す。

パスタソースなので、少し塩を足し、パスタをあえて、皿にもってチーズ。

なお、スジのトマト煮込みは塩を薄めに作ってあるから、そのままつまみとしてもいける。

201004241845001_2

イトヨリのポワレ(キノコクリーム)

イトヨリは、なんと、30cm越えが一尾、580円。阪急で半額。(写真は半身分)

三枚におろしてと頼んだら、半額なので嫌だといわれる。

なるほど。家でおろした。

塩コショウ、小麦粉を振って、バター、サラダ油半分で、皮目から焼く。

結構しっかり塩コショウを。

バターで炒めたきのこをミキサーにかけ、生クリームと一緒にとろりとするまで煮込みこれをソースとする。

ソースが余ったら、こふきいもにもかけて食べる。

つけあわせは味をつけてないので、大丈夫。

なんか、どっちもびっくりするぐらい成功した。

2010.04.21

飲み会(マグロ)

飲み会(マグロ)
マグロ屋さんで飲み会。

マグロ中おち。
イベント性高し

桜を通りぬける

201004192000000

201004192007000

もちろん、造幣局。
同僚SさんとS君と。

もしや、造幣局の桜はライトアップより、昼のがきれい?
まさかね

2010.04.18

赤ん坊、ピザ、そしておしゃべり

赤ん坊、ピザ、そしておしゃべり
学生の時の友人と家呑み

ピザです。
差し入れとか多すぎて、お腹いっぱいになった。

スタンダード(トマトソース)なのも美味しかったが、照り焼きチキンとキノコソテーを作ってもらって、それのしたのも中々。

後、友人Kさんの赤ちゃんYも初めて会った。かわいかった。

S飲み会

S飲み会
前の会社の人と飲み会

魚重で。
しっかし安い。
写真の盛り合わせが二千円。そしてちゃんと美味しい。
チェーン店以上の安さでこのクォリティ。
もう一皿にはウニがどっさり。

みんなとだらだら話せたのも良かった。

2010.04.06

夕飯(オムライス)

夕飯(オムライス)
なかなか美しく出来てると思う。味もいける。

オムライスの卵裏返し&デミは好きじゃない。

伊丹十三が何と言おうとも。

美しく作るこつ。
コレステロールを恐れるな。(卵3つ)

おどる幼児

久々に田舎に帰ってきた。甥っ子が育ってる。

親ばかって身内だと鼻につくね。

そんな私も叔母ばかカチラ。

あたしは、赤ん坊(乳飲み子)がかわいいとは思うが、母親になってはないので、見飽きないって事はなく見飽きる。

でも、チョロチョロと言葉をしゃべるようになってくると面白いよね。

人物の区別が出来るように成ってた!!

兄宅について、(私の)母親のコートの上に、私のコートを乗せてたら、

母親のコートを指して、「ばーちゃん」。

「お。いっちょ前にしゃべっとるわ。オバチャンのはどれよ。」と言ったら、私のコートを持ち上げる!

マジで?!こんな育つん?

母親のタバコを指差して、「ばーちゃん」。

「オバチャンのは?」って言ったら、私のタバコを指差す!

ひー。そもそも、母親も兄も私のことを「オバチャン」とは、呼んでないのに。

数分で、あたしがしゃべってる言葉から、あたしの一人称を「オバチャン」と認識してる。

天才だ!!なんてね。(笑)

後、まぁ。よく踊る。歌えば、もれなく、それにあわせ踊るのだ。ダンシングフラワーかっつぅの。

やまびこさんをかけると、それにあわせて振り付けまで。

おもしろいなぁ。

でも、あんまり、「バーチャン、バーチャン」泣き喚くから、

「こんな、やかましい子は、山捨ててまうぞ。あー。ホンマ捨てる。」って言いながら、山に捨てる振りしたら

しばらくよってこなくなって笑えた。

ついでに、従兄弟の子供(2.5歳児)も遊びに来てて、机をまたぐもんだから、

「誰が、机にのぼっとんじゃー!!!」って叱ったら、びびってた。

従兄弟は三姉妹なんだが、「こら!あかんてー」って、君らは友達か。っていうような叱り方しかしないので、

びびったみたい。笑える。

本【魚のさばき方 (食の教科書)】

魚のさばき方 (食の教科書) Book 魚のさばき方 (食の教科書)

販売元:エイ出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実用書をあげるのもどうかと思ったが。

いつも、魚をおろす場合は、ネットで調べてるけど本がほしかった。

魚料理は、漏れなくブログに書いてるので、あたかも、慣れたもん。って見えるかもしれないが、そもそも、定期的に料理し始めたのが、こないだの夏から。

なので、魚自体をおろしたのも、のべ30匹(鯵がほとんど)くらいと思う。たいした数じゃない。

この本を、時々、読んで、イメージトレーニングをする。

乗っている魚の数は、少々少ないが1,365円だし、ハードカバーの小説よりは小さいから持ち運びやすいし、写真も多いし、魚毎に頭をとるところから省略せずに書かれているので、イメージしやすい。

いくら、イメージトレーニングしても、思ったより、魚は固かったり、薄かったりするし、包丁は、切れなかったりするけどね。

2010.04.05

夕飯(貝つくす)

夕飯(貝つくす)
夕飯(貝つくす)
夕飯(貝つくす)
貝づくし

マテ貝の酒バター蒸し
赤貝
蒸しホタテとメンマのピリ辛和え

ホタテは蒸して売ってる奴なので簡単。

つか、「消化不良なるわ。」と自分で突っ込みを入れる。

またまた

前社の会長とばったり。

通勤電車で

ものの5分で、出る出るかの二人の悪口(笑)
もうぐだぐだだよね。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵