« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の27件の記事

2010.07.29

楽園崩壊

楽園崩壊
楽園とは家の事だが。

何か出た。
家でゲームをしてたらがさがさ音が…。Σ( ̄□ ̄;)
ゴミ箱から音がする。※生ゴミじゃなくビニールゴミ用。

どっさり、キンチョールをかけるが、音が止まない。
マジで(´Д`)
耐性のある黒いあいつ?
それとも………。
まさかまさか、チューとなくあいつ?

ああ。もう家を飛び出したい。

半袖、短パンだったけど、気持ち悪くて長袖、長パンに着替える。

黒いあいつとして、こんなキンチョール効かないもん?
チューとなくあいつとして、こんな泣き声しないで、ゴミ箱から出てこないもん?
ガサっ、ガサっ。音は聞こえど姿は見えず。
うー。逃げたい。逃げたい。逃げたい。

キンチョール半分ほどで音がしなくなったが…。
あまりにもしぶといので、チューとなくあいつの気もするので、最終確認はあたしには不可能。
だって飛び出してきたらどうするの?
鍋の蓋をして、それだと深くはまりすぎなので、ボールで高さを出して、ガムテで蓋してビニール袋で二重に包んだ。で、玄関締め出し。炎天下で腐っても困る。

ああ。せめて、せめて、黒い方でありますように。
その他の虫は平気なのよ。

梅田呑み

梅田呑み
梅田呑み
IさんとS君と飲んだ。
梅田の珍竹林で。

結構お気に入りの店。
全てのメニューが、ふんわりそそるし、実際に平均点をかなり越えてくる。
安定感がある感じ。
若干高いかな?でもぐるなびにクーポンがあった。

豆腐は出来たて。と言うか豆乳をもってきて、テーブルでにがりを打って仕上げてくれる。

デザートのミルク豆腐の黒蜜きな粉おいし。

店員のおっちゃんがちょっと愛想悪い?って思ったらお会計の時、一人五千円づつ払ったあたしたちに自動的に割り勘にし、そっとおつりを渡してくれました。

2010.07.26

給料何に使ってるの?

給料何に使ってるの?
家呑み

今日、グリーンカレーとアボカドマグロ

ハイボール。
軽いビールもいいよね。

細井守細田守のサマーウォーズ見ながら。
幸せ

2010.07.25

そうか。祭りか。

なんか、ゴタゴタゴタゴタしてて、休日出勤。

ふと思い立ち原付で出勤してみたら、帰り交通規制だらけ!!!

はっ。天神祭り?!職場は天満橋。

うわーっ。やられた。40分で帰れるはずが、交通規制で、道は通れないわ、混んでるわ、いつもと違う道つかったので迷うわで、一時間越えた!!

たはーっ。・・・。でもある意味正解なのか?電車を使わなかったことが。

2010.07.24

梅を干す2

梅を干す2
スローフードとも言える

梅を干す

Dsc00042_2

土用干しです。

これと別に紫蘇も干してゆかりにします。

楽しみ

2010.07.21

成長

成長
甥っ子が、成長してた。
2ヶ月で。
意思表示が劇的にうまくなっていた。

でも、まだまだなので、繰り返し繰り返し同じことを要求する。
「ビータン(あたしのこと)!みて!」×百回
「ビータン!ゴロゴロ〜(一緒に転がれ)」×百回

全力で相手したらヨダレ流して超ハイテンション。
かぷかぷ噛むし。
うっせえ。

こっちは2ヶ月では1ミリも成長しない。

2010.07.18

帰省中

帰省中
車を止めて、船で渡る。

生まれ育った家はもうありません。

2010.07.17

休日。大阪コリアンタウン

休日。大阪コリアンタウン
つか、鶴橋。

帰省前に、電車を一本遅らせて、食すチヂミとビール
道端ベンチにて。汗だくになりながら。
店のおばちゃんに、「この暑い中…」と呆れられる。
それもまたよし。

昼御飯(うなぎの混ぜご飯とサバ缶)

昼御飯(うなぎの混ぜご飯とサバ缶)
昼御飯(うなぎの混ぜご飯とサバ缶)
うなぎの混ぜご飯は、漫画レシピ
刻んだ高菜と塩揉みきゅうり、うなぎとタレをご飯に混ぜる。
大場とゴマで飾り付け

サバ缶は小浜旅行で購入。
旨。旨。

2010.07.14

帰りたいけど帰れない~

帰れない。帰れない。

ブログなんか書いてる場合じゃないし。

梅干に会いたい。まり男に会いたい。どちらも生きてはいないけども。

いや。私の心の中では生きています!!

しっかし、仮に梅干を干して出勤してて、残業がたたった場合、「すいません!梅を土用干し中なので。」と言うべきか?はて。

本【小暮写眞館】

小暮写眞館 (100周年書き下ろし) Book 小暮写眞館 (100周年書き下ろし)

著者:宮部 みゆき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

簡単にあらすじ。

主人公の英一は、息子を「花ちゃん(花菱英一)」と呼ぶ変わった両親と人懐こくて賢い小学二年生の弟を持つ高校生。

この変わった両親が、古びた中古の写眞館を購入し改造せずそのまま住むことで、持ち込まれた心霊写真をきっかけに、話が始まる。

高校の友人、弟のピカ(光)、幼い頃死んでしまった妹、写眞館を購入した不動産で働く人々、心霊写真の調査で知り合った人とのお話。

心霊写真とか、特殊な設定ではあるが、まぁ。青春ものか。何も考えず、宮部みゆきだと言うだけで、購入してしまったが、いつもの事件物ではなかった。

びっくりするぐらい(そういう意味の事件は、)何も起こらなくて、途中まであれ?あれ?と読んでた。

しかし、やはり、「宮部みゆき」その筆力というか、人物描写が素晴らしく、熱くなる出来事は後半までほとんど起こらないにも関わらず、面白くて、ページが進む。

人物に対し、細かいことが山ほど書いているわけでも、びっくりするくらい徳がある人が描かれているわけでも、かっこつけてるわけでもないのに、ストッと近くにいそうなでもいなさそうな自然なんだよなぁ。人物設定に一貫したものがあって、ぶれない感じ。

本自体の感想は、他の作品より好き。(好みのレベル)

暖かで優しい話だった。

事件がおこるでもなくても、普通に世の中には悪意があって、それを避けては通れないと思う。主人公がそれを色々な出来事で目にするけど、それと同時に絆とか優しさとかを感じとっていく様子が好ましかった。

後半の自分の周りに起きる出来事も、家族の暖かさや聡明さが素晴らしかった。

かなり、何回もうるった。

しかし、厚い。持ち歩きにくい。読了で、これを持ち歩かなくて良くなるかと思うとうれしい。

2010.07.12

トラブル発生!トラブル発生!!

仕事って厳しいなあ。
あたしがまずいだけ?

ともあれ、今出来ることは何か?

梅干し7日

梅干し7日
紫蘇入れました。

美味しくなりますように。

2010.07.06

梅干し3日目

梅干し3日目
うーん。
後少し。
紫蘇買ってこなくちゃ

2010.07.05

梅干し2日目

梅干し2日目
梅酢上がって来た〜
後ちょっとだ。

(ρ_-)ノ

今日からBPさんに合わせ10分だけ早く出る。

眠た。
まあ。当たり前の時間ではある。

小浜旅行8

小浜旅行8
小浜旅行8
岩ガキと刺身

お刺身は、金目鯛も。
金目鯛のお造りって美味しい〜
白身で雑味が少ないのに脂乗ってる。
ママンに「ようそんな魚ばっかしたべれるなぁ」って言われたよ。

要ビール!
車(涙)

小浜旅行7

小浜旅行7
越前そば

辛味大根で食べます。
…。好みじゃないかも

2010.07.04

梅干しも漬けております

梅干しも漬けております
18%の塩
減塩なんかくそくらえ。

既に梅酢上がって来てる。
あ!梅は旅行先で買いました。

梅酒つけまちた

梅酒つけまちた
二年漬けた後、何年も漬けてなかったが、前の会社の友人Sさんのを飲んでやっぱ、漬けたくなった。

左は、黒糖+黒糖焼酎(三十度)
右は、ラム酒(四十度)

Sさんのブランデーがおいしかったのでラムもどうかしら?と思って。

早く3ヶ月たて〜

2010.07.02

小浜旅行6

小浜旅行6
この作った海鮮丼で、ギブアップ〜
鯛、平目、ボタン海老、烏賊、鰺、はまち

ふー。

小浜旅行5

小浜旅行5
小浜旅行5
小浜旅行5
夕飯。
一人、一泊二食。一万五百円。(鮑がなければ、八千五百円)。

…。舟盛り…。多すぎ。
二人でこの量。+カレイ煮付け+なんか塩焼き+南蛮漬け+サザエつぼ焼き+もずく酢+寿司二貫+カニ…。
+鮑バター

入らないよ。
今大体半分やけど、ギブアップ直前。
どうしよう(涙)

小浜旅行4

小浜旅行4
若狭フィッシャーマンズワーフにて。

お刺身とか岩ガキとかお寿司とか売ってる。
車なので、お酒がダメ。
なので、お寿司にした。
安ぅ〜
ボタン海老4貫で、この値段?!
旨。旨。

小浜旅行3

小浜旅行3
そとも巡り

小浜旅行2

小浜旅行2
浜焼きサバ〜

小浜旅行1

小浜旅行1
舞鶴若狭道が無料!
高速料金やっす〜。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵