« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の33件の記事

2010.11.29

陶芸の失敗の話(2度塗り釉薬)

昨日の釉薬の話。

いかにあたしが、ドンくさいかって話。

 

全体的な釉薬は器具を使う。(昨日の記事参照)

これは、もちろん、釉薬がかからない部分を少しでも少なくする為。

なので、全体でなければ、手で持っちゃえばいいわけ。

 

で、皿に対して、一直線の釉薬をかけたかったんだけど。

こうしたいところが、。

Cocolog_oekaki_2010_11_29_18_08

Cocolog_oekaki_2010_11_29_13_25

Cocolog_oekaki_2010_11_29_18_10

Cocolog_oekaki_2010_11_29_13_27

気付くと皿を垂直に持っていないので、こうなってた。

きのこのこ 元気の子 23日目

Dsc02930

なめこも立派に!!!

Dsc02937

親指(写真は人差し指)ぐらいのなめこ。

でも、なぜかぬめぬめしてないな。

2010.11.28

陶芸(呑み会セット釉薬)

Dsc02910

飲み会セット。全て素焼きがあがってきた。圧巻!!!

写真じゃわかりにくいけど、とんすい、相当ゆがんでる。(笑)

 

Dsc02914

こんな風に、底につく部分は、撥水剤を塗ります。

焼くときに張り付くので釉薬がつかないようにするんだって。

Dsc02915

こういうのではさんで、ドボンと釉薬の中につけます。

これが、すごいびくびくもの。

「つけるとき、左から入ったら右から出てひっくり返してそこで数秒待つ」とか

「つけたあと、釉薬がはげないようにそっとはずす」とか

数十秒内の注意点が多すぎて・・・。

しょっちゅう小さい声で、「あぁ。」って言い続けてる。

Dsc02918  Dsc02920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6種類を、2色、3柄に。

片方は、青銅にきせとを(青っぽい感じ。)

もう一方は、新さがのに黄ガラスを(黄色っぽい感じ)かけた。

 

豆皿は半分を超えるほどにかけて
取り皿は、2割だけかけて
とんすいはふちにぐるっと。

 

左側の写真を見てもらうとわかるんだけど、2色目をかけるときに
まっすぐ釉薬にさすのと斜めに指すので釉薬のかかり方が変わってしまった。

とほー。

2010.11.27

リンゴのキャラメル煮

Dsc02494

リンゴ(紅玉)を8つ切りに。皮つき。

漫画レシピ。

フライパンにバターを溶かし、グラニュー糖を入れ火をつける。

キャラメル色になるまでまつ。

リンゴを入れ、好みの状態になるまで。

Dsc02497

おいしそー。

Dsc02544

パンを焼いて、バターを塗り、あっためたリンゴを載せてバニラアイスを。

あったか冷たいー。甘じょっぱいー。

 

あったかいものと冷たいものが同時に口に入るのって幸せ。

作りたてならではの贅沢さ。

嵐山 紅葉

嵐山に紅葉の観光に行きました。

Arasi1

 

うろうろうろうろしまして。

Arasi5

 

ライトアップもきれいだったー。

Arasi14

アルバムも見てください。ぜひ。

2010.11.24

きのこのこ 元気の子 18日目

Dsc02502

ほっといたら、エリンギが超巨大化していた。

かさもぼろぼろ。

Dsc02510_2

うんともすんとも言わなかったなめこが!!ちびっちゃ。かわいい。

Dsc02516

しいたけは、終盤かな。

もう一度給水すると、再度出てくるらしい。

2010.11.21

陶芸(指痕つき鉢)

作成中の飲み会セットは素焼き待ちなので、新作に挑戦。

Dsc02923

土は御影土の黒。

手ひねりで、形は、椀形。サイズはどんぶりほど大きくないけど小どんぶりくらい?

仕上げた後、指で後をつける。 

 

これが、またまた。不器用さが露呈・・・。

ぐるぐる手動ろくろを回しながら、指をぐーっとつけて、ゆっくり外側に向けて指を動かすと渦巻きになる。はずが・・・。

途中で力が抜けて線がつかなかったり、指が早すぎてただの線になったり。

最後は、先生が指を上から押さえてくれたが~。

ほとんど先生がつけてくれたのに近い・・・。

 

かっこいい~。

次は、高台を削る予定。

Dsc02924

2010.11.20

居酒屋 まいく亭(ゴルゴンゾーラのパスタ 他)

Dsc02463

お休みの日なので、真昼間から飲み会。

急なので、凝ったものはつくってませんが。

 ・アボガドとえびのサラダ(マヨ)
 ・ゴルゴンゾーラのパスタ(エリンギとベーコン入り)
 ・砂肝の塩炒め
 ・アスパラとオイルサーディンのアンチョビ炒め
 ・かきのスモーク(購入)
 ・オイルサーディン(購入)
 ・合鴨のスモーク(購入)

酒が進むメニューです。

Dsc02473

梅入りパウンドケーキ

Dsc02475

梅酒の梅を引き上げるころかな?

ということで、お菓子を作ろう。

 

Dsc02480

 

Dsc02485

梅のパウンドケーキ。

焼きあがったら梅酒をたっぷり塗ります。

うーん。すっぱかった。

一回、砂糖入れて煮た方がよかったかなぁ。

2010.11.19

幸せの素

Dsc02461

お漬物好き~。

梅干は自家製。

奈良漬は奈良観光時に購入。

ぬか漬け(きゅうり、人参、大根、大根の葉)は、帰省時にママンに持たされた。

2010.11.16

陶芸(飲み会セット 取り皿成型)

日曜(14日)に帰省して、月火と有休をとり、火曜日に陶芸に行った。

先週作った四角い皿の端を整え、模様を削った。

Dsc02426_2

居酒屋 まいく亭(牡蠣ドリア)

Dsc02428

牡蠣ドリア。激うま。

手間かかってます。

 

まず、牡蠣ピラフを作る。え

牡蠣をワイン蒸し。刻んだたまねぎ、人参を炒め、米も足しいためる。

牡蠣を足し、炊く。(炊飯器)

たまねぎ、牡蠣、エリンギ入りベシャメルソースを作成。

ブロッコリーも足す。

 

牡蠣ピラフ→ホワイトソース→チーズ。

オーブン。

きのこのこ 元気のこ 9日目

Dsc02430

しいたけの水分が多すぎたみたいでしなしなに。(涙)

収穫して食べたけども

Dsc02436

エリンギが~。巨大化。

Dsc02438

足元は、小さいのがまだまだ生えている。

かわいすぎ。でも、間引きが必須。

Dsc02451_2

ある程度大きいのを収穫すると、エリンギに頼まれた。

2010.11.15

姪っ子 初対面

今回は、姪っ子に会いに帰省。

Dsc02328_2

生後二日。

Dsc02325

ちいちゃい足。

Dsc02417

ちいちゃい手

Dsc02405_2

ミルクをあげるお兄ちゃん。

Dsc02352

家にて。

一ミリでもマットの上に乗ろうとするマクル。

そういえば、甥っ子はずっと「まー」って呼んでたけど、「まくう」と呼んでた。

成長。

2010.11.14

レストランの味

レストランの味
帰省中

金魚のレストラン?

2010.11.12

きのこのこ 元気の子 7日目

もこもこ。

Dsc02261

エリンギ・・・。

 

 

一日で倍以上

昨日

Dsc02243

今日

Dsc02263

しいたけ

Dsc02269

姪っ子が生まれた!!

うれしい!!!

本 【ルームメイト】

ルームメイト (中公文庫) Book ルームメイト (中公文庫)

著者:今邑 彩
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あらすじは、倹約のために知り合ってすぐの女性とルームシェアしてしまった女子大生。
その女性が、ある日を境に部屋へ帰ってこなくなった。困った女子大生は、契約時の情報を元に女性を探すが、2重、3重もの生活をしていたことが判明し、その上殺されていた。

なぜ、その女性はそのような生活をしていたのか?
そして、誰に殺されたのか?

 

 

展開は面白い。・・・。が。
帯にびっくりすると書かれていたので疑ってかかりすぎて、わかってしまう。
ぼーーーっと読めばびっくり出来たのに。

(と。このブログを読んだ人は運が悪いとして。)

 

表現は、子供っぽかった。

あたりが出ないな。最近。

本【死ねばいいのに】

死ねばいいのに Book 死ねばいいのに

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

派遣で働く女性がマンションで殺された。友人と思われる「今時の男」が、その女性はどんな人間だったかを関係者に聞く為に訪れてくる。しかし、関係者が話すのはその女性のことではなく、自分の話ばかりだった。

 

 

現代版、憑物落とし。

さすが、京極夏彦。上手い。

質問される関係者は、肉体関係があった派遣先上司、隣の部屋の女、借金のかたに被害者を譲り受けたやくざ、借金のかたに被害者を差し出した母親・・・。

 

 

 

みんながみんな、言い分があってそれを口にする。
「自分がよい人間ではない。それは認める。でも、自分の行動には致し方ない理由があるのだ。」

この辺の表現が上手い。読んでて最初は、その人たちに肩入れしちゃうのだ。
だって、本人たちも悪口を言うんじゃなくて、「いたし方がない。自分も悪い。」ってスタンスなんだもん。
それに、本人たちも腹の底から、そう思ってるんだよ。自衛のために。
それは、「大変やねぇ。」って思ってしまう。

でも、だんだんだんだん、イライラしてくる。

「言い分はわかるよ。でも、だから何?自分はどうしたいの?どうすればいいと思うの?」

 

そこで、すかさず憑物落とし
「死ねばいいのに。」
物騒ではあるが。

 

正直、話は薄いんだけど、人物描写のさじ加減の上手さがすごい。

 

ただ、オチがうーーん。
後、主人公が、「話聞いてんのか?」って感じのキャラでイライラしちゃう。
(わざとだろうけど)

まぁ。携帯小説だったらしいので、一冊の本としての完成度が目的ではないのでしょう。

本【悪人】

悪人(上) (朝日文庫) Book 悪人(上) (朝日文庫)

著者:吉田 修一
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これも、映画化されたくらいなので。

保険外交員が殺された。容疑者として、出会い系サイトで出会った土木作業員である祐一(妻夫木君)が上がった。
本当の悪人は、果たして誰なのか?

 

 

期待しすぎたかなぁ。悪くはないけど。

多分、事件に関連するいろいろな人をさして悪人と言い、またさまざまな些細な出来事が殺人事件、逃亡事件へつながってく連鎖を描かれてるんだろうと思う。

例えば、祐一を幼い頃、捨てた母。
友人に見栄を張る被害者とそれに対抗するような友人。
出会い系でしか愛情見つけられない人々。
売春まがいのことをしていた被害者を責めるマスコミ。

その一方で、愛情を持って育ててくれていた祐一の祖母、被害者の父、純粋な被害者の友人や・・・。

さまざまな立場の登場人物が出てきて、それらの言い分や背景が積み重なって話が出来上がってる。そこは素晴らしかった。

 

でも、肝心の祐一や光代が・・・。
後、セックスのシーンも。
刹那的な表現を目指したかったのかも知れないけど。
やっぱり、身勝手な感じが際立ってしまってて。

 

それは、それでありやけど、「本当の悪人は誰なのか?」というテーマがぶれてしまっている。

 

比べるのはナンセンスなのはわかるけど、上でいいって言った人間模様も宮部みゆきの模倣犯のそれには負けてるのよね。

本【1Q84】

1Q84 BOOK 1 Book 1Q84 BOOK 1

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いわずと知れた超のつくベストセラー。

青豆(女性の名前)と天吾っていう二人の視点からお話が進んでいく。ひとつの世界(1Q84)で、別々の場所でありながら、一つのことに向かって。
背景として、コミューンを元に発した新興宗教があり。

 

村上春樹は好きな作家の一人だけど、人には勧めない。

どこがいいか聞かれたら困るから。(w

理にかなっていなかったり、余分な比喩があったり、聖描写が多かったりとまぁ、突っ込まれれば、一読者(末端)のあたしには答えられない。

何かの象徴だったりもするらしいけど、よくわかんない。
でも、面白いって感じるんだし、まぁいいか。

 

 

 

で、命題の1Q84だが・・・。
がっかりだった。 

元々、村上春樹を読む時は、御伽噺を読むように、読む。
背景とか理屈とかすっ飛ばされてるんだけど、それはそれとして読んでる。
でも、どこか遠い奥のほうでテーマがあって、そこへつながっていく感じがいつもしてたし、表現が面白かったりしたけど・・・。

 

1巻はまだよかった。何ならいつもより読みやすくて、それでいて面白かった。
でも、2巻からは、全てがちぐはぐに感じる。。

青豆と天吾の再会と「さきがけ」に関するはなしが重ならない。
宗教の背景の必要性が感じられない。
青豆と天吾がお互いを求めてる理由に不幸な背景があるのも納得が出来ない。

前作以前なら、動機があるんだかないんだかで、主人公は行動するくせに今回は、さきがけのリーダの暗殺とか再会への望みとかに、微妙に倫理観があって、それが微妙。
(倫理観がダメなのではなく、この微妙な表現がかえってイラッと。)

そのくせ、牛河のオチへの倫理観は?

 

まぁ。村上作品ではワースト側やなぁ。
つか、近年の作は、あんまり好きではないので、好みの問題で多分駄作とかではないんだろうなぁ。

近年作でも「神の子どもたちはみな踊る」は好きだし、古いのは再読でも面白いと感じるので私の嗜好の変化ではないと思う。

 

2010.11.10

雑記

■電車内会話

帰宅電車内で、若い女の子のこんな会話が聞こえてきた。

 A「・・・で、浮気してるらしいでー。」

 B「別れるってこと?」

 A「どうやろ。それは言ってなかったけど」

 B「あ。降りる駅や。」

ふと見ると、小学生!!! マジで?
りょうおもい~。とかじゃないの?
彼女らの言う浮気って何だろう。

 

■と思えば

本屋で、でっかい声で携帯で話してる20代女性も見た。

「ええやん!姉ちゃんがおる男は、女のわがまま理解できるから!」

え?マジで?

  

■きのこ

きのこを育ててるので、ググッたりしてみたら、雷が落ちたところのきのこはよく育つという事例が多数あるそう。

うーーん。電気で試したい。いや。危ないか。

 

■失せ物王

今、弁当を毎日作ってる。倹約の為。
(たかだか、三週間なので、続くかはさておき)

で、何故か弁当箱のパーツがなくなった。
箸が一本と、2段弁当の下の段のパッキン。(それぞれ別の日。洗い物してる時はあった。)
ご飯を入れるほうなので、まぁいいかと思ってつかってる。

けど・・・。
何でこんなものなくなるの?

Σ( ̄ロ ̄lll)
アリエッティかも!!

きのこのこ 元気のこ 3日目

週一くらいでブログにあげてもいいかと思ってたのに。

にょきにょきにょきにょき。

ざっと数えても70位生えてる。

Dsc04686

エリンギも芽が出てる?ちっちゃー。

しいたけが、間引きだけでも消費が追いつかなさそうだ。

Dsc04689_2

あ。ちっちゃいのだけ集めて、まるまんましいたけご飯作ろう。

Dsc04679

2010.11.08

きのこのこ 元気のこ 2日目

なにこれ!

しいたけがにょきにょきにょきにょき。

Dsc02218

少し間引いた。

Dsc02227

こんなサイズ。

Dsc02230

おみおつけに入れる。

そういえば、おみおつけって、御御御つけって書くらしい。

居酒屋 まいく亭(鯖のぬか炊き)

Dsc02231

メニュー

 ・鯖のぬか炊き
 ・ブロッコリーのタルタルソースかけ
 ・豚汁

豚汁は野菜がたくさんちょっとずつあるので。
大根、白菜、人参、あのしいたけ、えのき、ねぎ、たまねぎ

鯖のぬか炊きは、九州の郷土料理。

三重出身だけど、両親ともに北九州で、あたしも三歳くらいまでそっちに。
なので、言葉と料理は九州寄り。

北陸のほうにも「へしこ」っていう鯖のぬか漬けがあるけど(それも好き)
これは味噌煮のように煮る。

ぬかも実際にぬか漬けに使用しているものじゃないといけないけど、
もちろんぬか床なんかないので、母親からぬか炊き用に送ってもらって
一回分ずつ位冷凍してる。
山椒と唐辛子が入ってる。

秋になって鯖がおいしくなってきたので作った。

醤油、酒、水(みりんを入れる家もある。)を沸騰させ、洗った鯖を投入。
火が通ったら、ぬかを溶きいれる。

おいしい。大好き。

2010.11.07

陶芸 何回目だ?

 

前々週は、とんすいを作り、今回は形成の仕上げ。

Dsc02176

 

Dsc02181_2

とんすい。6つ。

豆皿と同じ模様をを彫った。なかなかいいなぁ。

Dsc02191_2

取り皿。

午後は、二人の私の母親ぐらいの奥様が一緒にしてたが、
話して面白かった。
(きれいなお母さんたちだけど。)

Dsc02182

いつも、うまくいかない切り出しのときのエッジがきれいに出てうれしかった。

思い切りが必要らしい。

後、本焼きで失敗して釉薬が落ちちゃった煮物鉢に、もう一度釉薬を塗りなおした。

Dsc02193

こんな風にはげちゃった。

Dsc02199

はげたところは濃く塗って、その後全体に釉薬を吹き付けた。

大変だけど面白かった。

きのこのこ 元気のこ

きのこ栽培キットを購入してみた。

3セットで三千円くらい。

Dsc02160

了解。

Dsc02162

なめこ(ヌルッとしたのが見たい。)
エリンギ(大きいのが育ちますように。)
しいたけ(育てやすいらしい。)

Dsc02166

しいたけは、すでに芽吹いてた。

Dsc02175

指示に従い、浸水させたり、土をかけたりしといた。

ある程度寒くないといけないらしいので、夜はベランダへ。
(昼は日が当たるから中に。)

Dsc02202

おおう。一日で、しいたけはすでに育ってるよ。

かわええ~。

2010.11.06

居酒屋 まいく亭(カルボナーラとか)

Dsc02145_2

友人が遊びに来たので、本当に居酒屋モードで。

メニューは

 ・生ガキ
 ・イカのバター炒め
 ・奈良漬(もちろん市販品)
 ・大根とホタテのマヨ和え
 ・牛肉とカラーピーマンのオイスターソース炒め
 ・カルボナーラ

日本盛ではあるけど、冷やおろしを購入したので、
飲み会にしたが、この冷やおろしが聞いたのか、
中盤からヨイヨイに。

つまみが足らないだろうと繰り返し言い続けて、カルボナーラまで作った。
挙句まだ足りない、ポテトチップスが必要だ。
この上、ポテトチップスまで買い足し、気持ち悪くなった。

 

 

大根とホタテのマヨ和え

 大根は、薄めのいちょう切りにし、塩を振りしばらくたったら絞る。
 ホタテは蒸してあるのを購入し、さっと湯通しし臭みをとる。
 黒胡椒とマヨで和える。

 

 

牛肉とカラーピーマンのオイスター炒め

 牛肉は、塩胡椒し、醤油、酒で揉み、溶き卵を入れ揉み、片栗粉を入れ揉む。
 低温の油で油通しをする。
 フライパンで野菜を炒め、火が通ったら肉を入れる。
 オイスターソース、醤油、砂糖、酒で調味後、アンをつける。

Dsc02149_2 

 

カルボナーラ

 ローマ風。つまり、クリームなし。
 ネットで転がってる一般的な作り方。
 クリームを使わないほうがうまい。

 生パスタは、下の香川県で作られてるもの。
 もちもちで、おいしいのに、5玉入って、350円と安い。
 3ヶ月持つので、一つづつラップして、野菜室で、保存。 

Dsc02157_2

Dsc01858

奈良観光

奈良に行った。

正倉院展など、遷都記念のイベントが目白押しだったが、
元々、京都に紅葉を見に行くつもりが、
色付きがまだまだなので、いやされに鹿に会いに来たのが目的なので、
ぶらぶらだけにした。

混んでるんだもん。

Dsc01895

恒例の鹿せんべいをやって、体のあちこちを鹿に噛まれたり

Dsc01916_4

それなりの紅葉を見たり

Dsc01930

Dsc01931

途中の氷室神社っていう小さい神社に寄ったり

Dsc01990

通りざまに鹿のお知りをなでてる人を見たり

Dsc01994_3 Dsc01997_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ。うん。

 

Dsc02030

巨大な大仏殿に感心したり

 

Dsc02040_3

そのつくりにも感心したり

 

Dsc02052

ろうそくを供えながら、意味があるんだろうかと思ったり、

 

Dsc02063_2

大仏を見たり

 

Dsc02109_2

五重塔を見たりした。

 

で、帰りに駅前で、奈良漬(おいしいけどご飯のおかずにならない。)を購入し、とつきたてのもちをその場で食べれるところお店で食べて帰った。

お昼は、なんかしゃれた蕎麦屋で食べておいしかったけど、無駄に高かったよ。

 

 

正倉院展も、五重塔の中も、阿修羅像も見なかったけど、奈良は京都とは違ったのんびりしながらもすばらしい時間をすごせるいいところだと思った。

次は、ちゃんと調べてから来たい。

ヘトヘト。

 

2010.11.03

居酒屋 まいく亭(グリーンカレー)

Dsc01874

 

 Dsc01873

メニューは

 ・グリーンカレー
 ・ほうれん草のお浸し
 ・ジャガイモとセロリとたけのこのオイスターソース炒め

グリーンカレーは何度かあげてるので割愛。
今回はタイ米にしてみた。が・・・。別にうるち米でも変わんないや。

お浸しは、甘みがないのが好きなので出汁醤油(市販品)のみ。

ジャガイモのんは、それぞれ拍子木に切って、油でいため
オイスターソース、醤油、ほんの少しの砂糖で、味付け。

野菜はお弁当の残り

リネンのキッチンクロス

Dsc01870

欲しかったリネンのキッチンクロスが売ってた。fogのん。

一枚、千円するんだけど、ずーーっと欲しくて悩み続けてた。
で、そんな時に実物見たら、思ったより大きくて使いやすそう。
思ったよりかわいい。うーーー。っとなった。

大体、台拭じゃなくて、食器拭きに使うので、汚れないから一回買ったらずっと使えるし・・・。
いいや!って買っちゃった。

で、回転考えると少なくとも3枚、や、5枚は欲しいと思ってたけど、
2枚しか、よう買わんだ。

ああ。でも、かわいいなぁ。買ってよかったナァ。

後、コーヒー出す時のシュガーポットとミルク入れも買った。
WECKで安上がりにしといた。(どちらも、300円強)
ミルクはかわいくなくてやだけど
自分が使わないので個別包装のクリープしか選択肢がない。

2010.11.02

居酒屋 まいく亭(まながつおの味噌焼き)

Dsc01851

 

 

Dsc01856

メニューは

 ・マナガツオの味噌焼き
 ・かぼちゃの煮付け

マナガツオは、味噌漬けとか粕漬けにするとすごいおいしくて大好き。
鰆とかもあうけど、マナガツオのホロホロした身からほんのり味噌の香りがしてくるのがたまらない。
多分、塩焼きだと淡白そうだけど。

ただ、いかんせん高い。正価でかうと、一尾千円とかする。(写真は半分)
半額の時しか買えない・・・。
鰆も高いのよね。

 

 

味噌漬けは、簡単。
 魚に塩を振ってしばらく置く(臭み抜き。面倒なら省略。)
 ジップロックに味噌をがっと入れる。(魚がつかる量。)
 みりんと酒を少し足して蓋をしてもむ。(ヨーグルトぐらいのゆるさで、)
 魚を入れて、2日から3日つける。

 洗って焼く。

 

 

前は、魚をガーゼに包んでたけど、やめた。
(味噌が肴につかないので、焼くときに焦げないらしい。洗わない前提)

味噌洗っても魚にしみこんだ味は抜けないし、
ジャボジャボ水に漬けるわけでもないので旨味が抜けることもない。

それより、めんどくさい、ガーゼの使い回しが気持ち悪い、ガーゼがついた魚を漬けようと思うと味噌が大量に必要とマイナス点のが多い。

 

後、味噌漬けは、豚肉や鶏肉でもおいしい。この場合は、一日で。(辛くなる)

かぼちゃはお弁当の残り。

2010.11.01

映画【ナイトアンドデイ】

面白かった!!

 

アクションかと思ったらコメディだった。(笑)

深遠な意義も、どんでん返しの展開もないし、
アクションやCGもそこまで高いレベルでもないし。

アクション映画でも最低限必要であろう説明にあたるシナリオまでも、思い切りおとして、
挙句の果てには、主人公を薬で眠らせて起きたらびっくりな状況というショートカットぶり。

 

もう、
「全力で、ないないない。そんなことできやん。
そこまで、きたら笑うしかないやん。」
というのを楽しむ映画。

ここまで、思い切れたら素晴らしい。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵