« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の18件の記事

2011.01.31

DVD【鴨川ホルモー】

鴨川ホルモー [DVD] DVD 鴨川ホルモー [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かった!!

あらすじは、省略。

 

見る人によって分かれるだろうなぁ。
すっげーバカバカしいもん。

鬼(=式神)が出てくるけど、特に世界を救うとかじゃなくて、スポーツつか競技するだけだもん。

この鬼への指令の出し方がまた面白い。

山田孝之のもてなさそうな演技も秀逸。(好きじゃないけどね。)
カメラワークも巧妙。
バカバカしさも飛びぬけててすごい。

笑えた。

DVD【食堂かたつむり】

食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD] DVD 食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]

販売元:キングレコード
発売日:2010/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うーーーん。いまひとつ。

あらすじ
主人公の倫子は、奔放な母に母子家庭で、育てられた。
いつしか母に嫌悪感を感じ、祖母と暮らし始めるが、そこで覚えた料理の楽しさに目覚め、いつかお店を開くことを夢見る。
大人になり、夢を共有できる男性と暮らしたが、夢をかなえる目前にお金をもってその男性は消えていた。

傷つき、お金をなくした倫子は母の元に帰り、子供頃から可愛がってくれた近所の人の支えで、食堂かたつむりをはじめる。

 

 

キャラ設定、演技は悪くないけど、いかんせんお話が・・・。
あんまり書くとネタバレになるけど、いろんな展開に納得する材料がない。

倫子の作った料理を食べると幸せになるってのも魔法みたい。
まぁ。魔法設定もありやけど、その展開も微妙。

 

ペットの豚を食べるのも正直、納得がいかなかった。
「生き物を食べる」というのは人間の業というか生き物の業なので、
そこで、「かわいそう~」とかは基本好きじゃない。
でも、ペットを食べるってのはそういうことじゃないと思うんやけど。
食べるために飼ってたならまだしも。

 

奔放な母が、本当は主人公を大事に思ってたってのも納得がいかない。
これは、私の個人的な意見だけど、貧乏、奔放、孤食、母子家庭でもいいと思ってる。
(避ける努力は必要だけど、。)
そんなことより「愛されてる」と実感させることが大人の最大の努めだと思う。

それが、欠けてて、「本当は大事に思ってた」って・・・。
だめでしょ。

 

 

最大の売りの料理でさえ、おいしそうなわけではなかったし。

脚本が悪いのか、原作が悪いのか・・・。
はずれでした

2011.01.30

陶芸(パスタ皿 成形)

Dsc03295

パスタ皿。

信楽土。

手びねり。

しっかりゆがんでる。(笑)

リムつき。

あと二枚作って、これは柄入れるんだー。

Dsc03300

2011.01.28

モンブラン

モンブラン
を頼んだら、チョコレートでうさぎが書かれてた。

2011.01.27

高松空港なう

高松空港なう
まあ、一応、うどん
じゃこ天うどん

大阪の家の近くのがおいしいや。

一番ええ席

一番ええ席
マリンライナーなう。

指定席やけど、ちょっと(数百円)足せばグリーンになる。
1番A席。
四時半起きの出張中。

2011.01.25

雑記(コンビニ)

■顔はめ

昨日朝、30歳くらいの女性が、レジで何か話してて、店員と外に出て行った。

私もレジが済み店外にでたら、壁に貼り付けてある顔はめ用の看板をはずして
写真を撮っていた。

びっくりした。

(セブンイレブンのイベントで節分の恵方巻きの看板。
 顔はめになっているが、どこのセブンイレブンも壁に張り付けたり、
 隅っこにおいてあったりで写真を撮ることを前提としていない。)

■ラーメンにおろしポン酢はいらない。

ファミマで弁当売り場に売ってるラーメンを買ってあっためてもらったら、
次の人の弁当のおろしポン酢がついてた。

気付くのが遅かったのでそのままにしといた。

2011.01.24

雑記

■佐用

親戚宅に諸々の事情があって来訪。

それはさておき、相変わらず遠い。大阪から2時間。
大阪→姫路
姫路→上郡(岡山行き?!)
上郡→佐用(智頭急行線)

帰りは、スーパーはくと使った。

後、肉屋さんなので、少し用事をさせてもらった。
それは楽しかった。

■陶芸

は無理しても行った。
楽しかった。ストレス解消。

■リンク

私のブログにリンクが張られてた!!
うれしかった。

料理レシピだけど、リンク先の料理のがおいしそうだった。

黒トリュフ入りオリーブオイルで作るたっぷりアサリのボンゴレビアンコ

DVD【人のセックスを笑うな】

人のセックスを笑うな [DVD] DVD 人のセックスを笑うな [DVD]

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2008/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

えー。うわぁ・・・。

あらすじは、19歳美大生と39歳既婚美大教師(臨時)の恋愛(恋愛?)。

 

見るのがつらかった。

テーマは悪くなかったし(倫理はさておき)、キャストも好みではある。
会話や流れも嫌いではない。

 

しかし。
ぼそぼそしゃべって聞き取りにくい。
会話のない一人だけのシーンが、多い。
遠景が多い。
背景とか、俯瞰とか、電車だけとかのシーン(30秒とか1分とか)が多い。
音楽がなくて、ページをめくってるだけの音とか。
正月番組を写すシーンとか。

 

それら全てが、演出なことは理解できるが、効果が私には理解できない。
不愉快とかじゃないけど、見続けていくと、小さなストレスが貯まって行く。
「こういうのよくあるよね。映像が青臭い。」といってしまうと上から目線だろうか・・・。

2011.01.20

DVD【パーマネント野ばら】

パーマネント野ばら [DVD] DVD パーマネント野ばら [DVD]

販売元:デイライト
発売日:2011/01/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かった!!切な過ぎるけど。
だらだらした邦画が苦手な人にはお勧めできませんが。

  

あらすじは~面倒なので省略。
簡単に言うと、田舎町のだめんずウォーカーたちの話。

 

唯一、オチの動機があまり。
各エピソードが、「男に泣かされながらも、男に痛い目にあわされながらも、それを求めてしまう、よりどころを求めてしまう」という切なさというか理不尽さが描かれていると思うのに、オチの動機付けが「なくした恋の為」だとちょっと違う気がするんだよなぁ。
少々違和感あり。まぁ。些細なことです。

 

全体通しては面白かった。
各エピソードは、切ないけど笑えるし、夏木マリはかっこいいし。
小池栄子と池脇千鶴ははまり役で、この二人それぞれエピソードが秀逸。 
ちーちゃんの土佐弁最高!!

「だんな。山でのたれ(死ん)じょった。ビール瓶みたいに干からびちょった。」

 

そして、江口洋介とのラブシーン。
恋愛初期にありがちな人には話すには些細過ぎる幸福感が
すごくあふれてて素晴らしかった。
特別じゃないけど、本人たちには特別な感じ?
(江口×管野ってだけで特別だけども)

江口ファンの私には垂涎ものですよ。めったにないし。

 

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」と同じ監督だそうです。
雰囲気が似てるかも。 

2011.01.17

雑記

■風邪
風邪を引いて、土曜日は寝込んでた。

■スクール!!
江口洋介のドラマを見た。

学校もんはやっぱり苦手だった。
ばかガキがぁって思った。

で、びっくりしたのが、
「生徒は苗字+さん付け」「朝礼中に疲れたら座っていい。」
まぁ。極端な例だろうけど、こんな小学校に通わせたくないと思った。
子供おらんけど。

長時間立たせておくのは体罰にあたるそう。
えーーー。
朝礼の間ぐらいピシッとしとけなかったら、あたしの子供は叱って下さい。

■お誘い
陶芸教室で、新年会に誘われた。
うれしかった。
お母さんくらいの人たちと先生。

2011.01.16

陶芸(指痕鉢 完成)

Dsc03273

完成した~。

かわいい。

陶芸(グラタン皿 成形)

Dsc03268

土:土鍋土

底を円で切り、楕円に。

紐で高さを出し、切り出し。

陶芸(醤油皿 成形)

Dsc03261

醤油受け用のお皿

土:ブレンド土

底はたたらの7mm

紐を2本乗せ成形。

21mmの高さで切り取り。

2011.01.10

いいまつがった

いとこが、子連れで来阪してきた。

翌日、梅田とかに出かけるというので、(ついていかない。宿屋)
おもちゃ屋がどこにあるかという話になった。

ヨドバシは?とかいうので、
「ああ。あそこはゲームとかメインじゃないかなぁ。」とおもったので、

「ヨドバシは、大人のおもちゃしか売ってないんじゃないかなぁ。」って言ってしまった。

意味が違った。

実用書【コンフィと煮込み】

コンフィと煮込み 〜鍋で“煮て作る”おうちフレンチ〜 Book コンフィと煮込み 〜鍋で“煮て作る”おうちフレンチ〜

著者:坂田 阿希子
販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もう、料理本はやめようと決意していたのに、どのページもおいしそうで、購入してしまった。

料理本としては、あまり親切ではないけど、作りたかったんよ。それ!って感じでノックアウト。

別記事のブレゼもこの本から。

鴨のコンフィ。鰯のコンフィ。ねぎのコンフィ。
ブッフ・ブルギニョン。

肉の旨味を余すことなく食べようとするその姿勢。

2011.01.09

江。はじまりました。

鈴木保奈美と宮沢りえの美しさにびびった。

樹里ちゃんがんばれー。

今、お市の話がメインなので怒涛のように話が進んでた。

面白いかな?

2011.01.01

元旦ご飯

兄宅です。

Dsc03024

お雑煮。

変なアングルですが、湯気が写ってるのがわかるでしょうか?

ママン作。

Dsc03041_2

お節。

既製品もありますが、あたし作です。

筑前煮--あたし作。普段の煮物と同じです。

かまぼこ--もちろん購入。美しく切りました。
すばす--レンコンの甘酢漬け。花の形にきりました。すっぱい。
海老--うす甘く炊きました。
田作り--おいしく出来ました。ゴマを入れるタイプ。
紅白なます--柚子釜に入れました。

うまき--うなぎ屋さんで購入
黒豆--デパ地下で購入
数の子--ママン作(塩抜きと味付け)
ミートローフ--購入

来年は、黒豆、伊達巻、くらいは作りたい。

後、ミートローフじゃなくて、松風焼き?を作りたい。

おいしかったよ。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵