« アサドラ どらどら | トップページ | 老犬のトイレ »

2011.11.09

本【アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)】

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫) Book アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)

著者:深町 秋生
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

女性のハードボイルド

主人公は、裏の組織ともつながりがある女刑事。
結婚間も無いだんなをなくし、さらには、流産してしまったという過去がある。

 

推理小説と呼ぶには謎って言うほどの謎が無い。

多分、推理ではなく、警察社会とか裏社会の人間関係を楽しむ小説なんだろうなー。

なんと、本のタイトルは上の通りなのに、最後のページには、「(第一話 了)」の文字。

たっぷり、続きがあることを匂わして。

ずるいやい。

 

読みやすいし、キャラクターも面白いし、人間関係も気にはなる。

多分、続き読むなー。

ただ、軽いタッチで、人物描写が型どおりなことは否めない。

  

後、「美人」、「強い」、「30代中盤」、「度胸がある」、「愛想が悪い」女刑事なので、
米倉涼子か、篠原涼子の役とかぶるけど、

「不正をして何が悪いの」って感じが、アンフェアよりかな。

だんなが死んだってのが、アンフェアの雪平の父親の件とかぶるし。

ということで、篠原涼子で再生していました。

« アサドラ どらどら | トップページ | 老犬のトイレ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサドラ どらどら | トップページ | 老犬のトイレ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵