« 三室戸寺 | トップページ | 片口(成形、装飾) »

2014.07.27

ビオトープの珍事

Dsc09245

ビオトープって言ってもやっぱりなかなか繁殖はしない。

エビはするけど、めだかは自然には難しい。

自分たちで食べちゃうから。馬鹿じゃねーの。

 

 

なので、卵のうちに隔離して、口に入らないサイズまで大きくしてビオトープに戻す。

毎年、10匹前後かな。

 

つまり、勝手には増えない。

けど・・・。あれ?見覚えのない色のないめだかがいる。

黒。んーー。

過去買ったのは緋メダカと白メダカだけなんだけど掛け合わすと黒い個体も出てくる。

でも、真っ黒だし、何より、上に書いたとおり、増やした覚えがないんだよなー。。。

 

 

 

と思ってたら、オレンジ色のメダカもいる。アレーーー???

ということで、救い上げて確認してみたら。

Dsc09248

メダカじゃないじゃん!!

どういうこと?!?!

わかりづらいんだけど、メダカって背びれが結構後ろから始まってて、かつ小さい。

明らかに体躯が太く短く、背びれの開始位置が中央なのよね。

これ何?金魚?

どうも、金魚は色が変わるらしいんだよねー。

こんなことあんの??どこから入ってきたの?うちの金魚?

あれーー??

一緒の鉢にはいれてないんだけど。

« 三室戸寺 | トップページ | 片口(成形、装飾) »

金魚・めだか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三室戸寺 | トップページ | 片口(成形、装飾) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

やよひ庵